ニュース速報+

【ヤマトタケル】日本書紀に記された日本武尊と亀山の関わり 資料など展示 日本書紀編さん1300年を記念 三重

4 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 22:29:04 ID: udLXat4y0.net
日本書紀は天皇家支配を正当化するための偽書!
ID: cC0Ew/CN0.net
>>4
世界中どこの国の歴史書も怪しいもんだろ
5 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 22:31:26 ID: Vcv/anpl0.net
東海道と伊勢街道の交わる、交通の要所だもんな
ID: gJWt4Way0.net
>>5

337 :名無しさん@1周年[]:2016/12/22(木) 00:24:42.22 ID:xwZcS3HW0
古事記と日本書紀は二つで一つ

384 :名無しさん@1周年[]:2016/12/22(木) 00:32:33.45 ID:xwZcS3HW0
全てを一つにすることで真実にたどり着けるように設定されている

530 :名無しさん@1周年[]:2016/12/22(木) 00:56:15.17 ID:xwZcS3HW0
両方集めし時
対外と対内の狭間に真実を見る
7 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 22:32:41 ID: EtkHJsoO0.net
日本書紀…391年神宮皇后が百済と新羅を日本領土とした。
8 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 22:33:13 ID: PMkeIaTx0.net
阪神にいた亀山かとおもた
10 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 22:36:20 ID: +y4IYNr70.net
日本書紀って一度全部読んでみたいけど本屋でなかなか見ない
ID: BhUO1ZDG0.net
>>10
岩波文庫の黄色であるんじゃね
図書館行けば置いてあるとおもう
(´・ω・`)
15 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 22:45:43 ID: DZpnydij0.net
相棒?
17 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 22:48:28 ID: jqMkJgC30.net
ホンハイとの接点も記紀に載ってる?
20 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 22:54:01 ID: 2UwRRxkt0.net
ヤマトタケルは草薙剣を持たず伊吹山に行った後亡くなった
伊吹山には草薙剣の元の持ち主ヤマタノオロチの神霊が眠ると言われている
伊吹山のある琵琶湖北部は息長氏の拠点
ヤマトタケルの次の世代は神功皇后、気長足姫(おきながたらしひめ)

ヤマトタケルが亡くなり徴用され兵になっていた人たちは故郷に舞い戻ったのか
白鳥が最終的に辿り着いたのは和泉の地で和泉には神功皇后が三韓征伐に出立した伝承が残っている

神功皇后は九州からの帰路、住吉明神を伴い塵輪鬼と戦った伝承が瀬戸内海に残っている
24 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 23:02:08 ID: S+FSZ1Y50.net
東があずまと読むのも日本武尊から
25 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 23:02:21 ID: 2UwRRxkt0.net
芦原中津國の平定、ヤマト征伐で始まったヤマト政権
3世紀4世紀には考古学的に九州北部まで支配が及んでいたことがわかっている

ヤマトタケル伝承、伊吹山を訪れたことがきっかけで裏と表が入れ替わったのかもしれない

九州の住吉さんを味方につけた神功皇后、応神天皇はその後畿内に戻りヤマト政権の残党と戦っている
ID: BHU9CNEp0.net
>>25
>3世紀4世紀には考古学的に九州北部まで支配が及んでいたことがわかっている
畿内厨はこうやって息を吐くように嘘をつくんだよなぁ
実際は全く逆で、鉄を持たなかった畿内勢力が3世紀末ころに鉄器文明の北部九州に制圧されて
4世紀以降急激に鉄器が出土するようになる

目と鼻の先の淡路島や大阪湾岸にもあった鉄器が奈良盆地内では全然出土しないのは
海辺は北部九州の海人族に制圧されていたが、山に囲まれた奈良盆地の在地勢力が頑強に抵抗していたことを示している

> 825 :名無しさん@1周年 :2019/09/07(土) 22:55:12.63 ID:d3rkd5G50
> 弥生時代の鉄分布と北部九州を代表する海人族阿曇の分布がよく一致する
> 鉄は海人族とともに九州からやってきたんだな
>
>


> 828 :名無しさん@1周年 :2019/09/07(土) 23:01:52.61 ID:yQGATf5S0
> >>825
> 福岡の1621に対して奈良の13が光るねwwww
>
> そこから読み取れるのは、奈良は九州を支配するどころか近隣の山城や河内さえ支配できてなかったってことだな
> そして4世紀以降急に発展するのは九州の海人に征服されてその東国攻略の前線基地になったおかげ、と
27 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 23:11:13 ID: bx6/d+Jd0.net
にほんぶそん?
30 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 23:23:11 ID: alaK1gg/0.net
ヤマトタケルノミコトの幼少期の名は、コウスノミコトと言う
現在の長瀞町に定住していたわけだ
そこが亀山だろ

34 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 23:33:55 ID: 2UwRRxkt0.net
東海の勢力がヤマトを平定
平定した畿内の人々を徴用し軍事力を高めて関東方面に向かったのかもしれないね
36 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 23:39:59 ID: S+FSZ1Y50.net
双子の兄か弟は愛知に葬られているはず、確か
42 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/08(木) 23:56:52 ID: 0cyih4fZ0.net
熊襲建兄弟も少女に変装してだまし討ちだし
46 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/09(金) 00:10:30 ID: bov1AZuh0.net
その後、投馬国出身の長官副長官系の部族が、
瀬戸内海を東征した一方、
卑弥呼、豊姫、日本武尊系の部族は、
豊の国から出雲丹後丹波へと進出して行ったものと考えられる。
50 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/09(金) 00:13:12 ID: d3WEMevS0.net
日本人が漢字使う前の人物の名前を漢字で表記するのがそもそもおかしい
51 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/09(金) 00:15:36 ID: nUwRxc4M0.net
スクナヒコナと言えば
記紀によると応神天皇が生まれて喜んだのはスクナヒコナとある
大国主と共に国作りをした神さんで神産巣日の子

蛾の服を着ていたとか鳥の服を着ていたとか言われている
トサカでも被っていたのか
52 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/09(金) 00:16:35 ID: nUwRxc4M0.net
ヤマトタケルは東国征伐を終えて尾張に戻っていました。
結婚の約束をしていたミヤズヒメと結婚をします。
喜びも束の間、伊吹の山に悪い神がいると聞き、今までの勝利の連続からおごりの心があったのでしょうか「素手でやっつけてやる」といい、神剣・草薙の剣をミヤズヒメに預け伊吹の山に征伐に向かいました。
伊吹の山にやってくると、途中、牛ほどの大きな白い猪に出会いました。
「これは山の神の家来だな。帰り道で相手になってやろう」と大きな声で威嚇してやり過ごしました。
すると突然、激しく雹が降り出し行く手をはばまれます。実は白い猪は山の神の家来ではなく山の神そのものであり、ヤマトタケルが威嚇したため怒りを買ったのです。
雹に打たれて体力を激しく消耗したヤマトタケルは‥
53 : ニューノーマルの名無しさん2020/10/09(金) 00:22:11 ID: bov1AZuh0.net
その頃の纒向政権は当初東国に進出して行った事が分かっており、
その遠征を担当した王が、
西の卑弥呼の弟と合体したのが日本武尊であろう。

引用元:https://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1602163526/l1000

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。