ふくろう動物ランド アカメ, #日本三大怪魚,#イトウ,#ビワコオオナマズ,#水族館,#漁協,#読売新聞,#高知,#癒し,#さかなクン,#ヨロイウオ,,#能楽堂,#アカメ,#クマノミ

ふくろう動物ランド アカメ, #日本三大怪魚,#イトウ,#ビワコオオナマズ,#水族館,#漁協,#読売新聞,#高知,#癒し,#さかなクン,#ヨロイウオ,,#能楽堂,#アカメ,#クマノミ
【1記事で初月10万円】最新アフィリエイト秘伝の奥義

※ゼロイチ突破多数!販売部数100部突破!レビューオール星5いただいてます。誠にありがとうございます。本Brainで紹介するのはたった1記事で初月10万円を目指す秘伝の奥義です。僕は才能も知識もない、おまけに100万円の借金もあった落ちこぼれからアフィリエイトを始めて3ヶ月で20……

日本三大怪魚のひとつアカメをご紹介。三大という事は、あと二つあります。イトウとビワコオオナマズですが今回はご紹介しません。2022年5月の新聞にアカメの記事が偶然掲載されていまsした。まず記事抜粋からご覧ください。 【2022年新聞報道】一生に一度は釣りたい「日本三大怪魚」を駿河湾で捕獲…漁師                                 読売新聞より一部引用 「50年漁をしているが初めて見た」 成長すると1メートルを超える大魚となり、釣り人などから「日本三大怪魚」と呼ばれる日本固有の大型魚「アカメ」が、駿河湾内で捕獲され、静岡県沼津市の水族館「伊豆・三津シーパラダイス」が初飼育に挑戦している。県内での捕獲は珍しく、近く一般公開される予定だ。 アカメは、沼津市口野地区の沿岸で9日にシラス漁の網にかかった。体長は約70センチ、重さ約8キロで雌雄は不明。大きさから生後10年はたっているとみられる。  飼育マネジャー(魚類担当)の水野晋吉さん(49)は「捕獲した漁師も『約50年漁をしているが、初めて見た』と話していた。当館にとっても初めての魚で、大切に育てたい」と話した。現在はバックヤードの薬液入り水槽で休養させている。  アカメは県以南の太平洋岸に生息し、高知、宮崎両県周辺が主な生息地とされる。個体数が減少しており、環境省の絶滅危惧種に指定されている。イトウ、ビワコオオナマズと並び日本三大怪魚とされ、美しい銀色の巨体から、釣り人から「一生に一度は釣りたい魚」と言われている。 さてアカメですが、いろいろな名前があるようです。 ネットで拾ってみると・・・・ 【あかめについて】 アカメ 別名はメヒカリ(徳島県)、ミノウオ(高知県)、マルカ(宮崎県)、カワヌベ(志布志湾沿岸)、オキノフナ、オキノコイ(種子島・屋久島)など。なお、「アカメ」はキントキダイ類また「メヒカリ」はアオメエソ類の方言呼称など、他の魚を指すことがあり注意。 特徴はその大きさ。成魚は全長1mを超える大型魚です。成魚の体は一様に銀白色で、背中側はやや灰褐色がかっています。一方、幼魚は黒褐色で額に黄白色の縦線、体側にも黄白色の横しまや斑点があり、成魚とは外見が異なります。顔つきはスズキに似るが、背中が大きく盛り上がっていて体高が高い。目は通常は他の魚と同様に黒いが、暗い場所で光を反射すると角度によっては赤く光り、「赤目」の和名もここに由来します。 生態 黒潮に面した西日本の太平洋沿岸域だけに分布する日本の固有種。種子島・屋久島から静岡県まで記録があるが、おもな分布域は宮崎県と高知県。 成魚は沿岸の浅い海に生息するが、河口や内湾の汽水域に頻繁に侵入することが知られている。これは餌を探す他にも、浸透圧が低下する汽水域で体についた寄生虫を弱らせて落とす目的もあると考えられている。食性は肉食性で、おもに小魚を捕食。本種は夜行性で警戒心も強く、夜や雨の日に汽水域へ侵入することが多いといわれています。 産卵についてはよくわかっていない。夏に海域で産卵するとみられています。稚魚は汽水域に集まり、コアマモなどが生えた藻場で生活する。稚魚や幼魚は藻場で頭を下にしてとどまる習性があり、小魚や甲殻類を捕食して成長します。 釣りや定置網などで漁獲され食用になるそうです。身はスズキに近い白身で、刺身や塩焼きなどで食べられます。また、大型肉食魚だけに釣りの対象としても人気が高いとのこと。 【水族館のHP】から アカメの名前の由来は、暗所で光が反射した際、目が赤く光ることとされています。 また一部の地域では、大きさごとに呼び名が変わ、高知県では約50センチ以上をアカメ、宮崎ではマルカと呼ばれます。50センチ以下では、ヨロイウオ、ハゴ、ニベなど様々な呼び方がされています。  ただし高知県では、沿岸でに広く分布が確認できることから、2017年4月更改のレッドデータブックで普通種として登録しなおされましたが、生息地域の狭さからして希少な魚でしょう。 同県では普通種ですが、乱獲の防止や釣れた際には、 魚体を守りリリースなどの保護意識は必要です。 アカメの日本記録は!? 釣り上げられたアカメの日本記録は、2016年6月3日に高知県の浦戸湾で、131センチ、39キロ。重量として世界記録とされています。 その他に戦前から営んでいる川漁師の方などは、 人の背丈くらいある個体もいる。証言もあります。 アカメは体長1m以上に成長する日本固有の巨大魚で、 その大きさからビワコオオナマズ・イトウとともに 日本三大怪魚に数えられています。 まずは、アカメの特徴や生態についてご紹介します。 現在のアカメの釣獲最大記録は、2016年6月に高知県の浦戸湾で釣られた体長131cm、体重39kgの個体です。ただ、体長だけで見れば、2015年10月に高知県の四万十川で釣られた138cm、38kgという記録があります。  また、これらの記録は戦後の確度が高い記録で、戦前の確度が低いものであれば、明治初期に宮崎県の一ツ瀬川で 体長2.1m、体重220kgという記録も存在します。
『Instagram㊙︎裏技ブック』 〜1ヶ月でフォロワー1万人を集めて超最速マネタイズ〜

はじめまして。やまゆです。現在、Instagramで7つの万垢を運用しています。最短1ヶ月でフォロワー1万人・遅くても3ヶ月で1万人超えを達成→どのアカウントも万垢を達成させた翌月にマネタイズ化に成功させました。↓↓以下実績の一部です▲7つの中で最もフォロワーが多いアカウントは1……


コメント 0 件

コメントを残す