工藤会も過去最少に 福岡県内の暴力団が9年連続で最少更新

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

工藤会も過去最少に 福岡県内の暴力団が9年連続で最少更新

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

福岡県警は、県内で活動する暴力団構成員などの数が、9年連続で過去最少を更新したと発表しました。 福岡県警によりますと、県内の暴力団構成員や準構成員などの数は2022年末の時点で1260人で、9年連続で過去最少を更新しました。 このうち、全国で唯一の特定危険指定暴力団の「工藤会」は320人で、ピークだった2008年からおよそ75%減っています。 県内のほかの指定暴力団は、「道仁会」が310人、「浪川会」が140人、「福博会」が130人、「太州会」が120人となっています。 県警は暴力団からの離脱支援を強化していて、「幹部の離脱で組織の弱体化が進んでいる」としています。
[BRN_ITEM keyword="工藤会も過去最少に 福岡県内の暴力団が9年連続で最少更新" rand="1"]

コメント 0 件

コメントを残す

CAPTCHA