積雪過去2番目"195センチ"除雪困難で悲鳴…「雪で家が見えない」北海道岩見沢市 (21/02/10 19:55)

積雪過去2番目"195センチ"除雪困難で悲鳴…「雪で家が見えない」北海道岩見沢市 (21/02/10 19:55)

北海道岩見沢市では一時積雪が195センチに達し、過去2番目の大雪となっています。市は豪雪パトロールを行い、危険な箇所を調べています。  鎌田 祐輔 記者:「岩見沢市の住宅地ですが、雪に囲まれて家がほとんど見えない状態です」  岩見沢市では、2月9日夜から2月10日未明の積雪が平年の2倍以上の195センチとなり、9年前の208センチに次ぐ過去2番目の大雪となっています。  岩見沢市民:「除雪機で(雪を)飛ばしても飛ばない。積雪が高くなっているから」  この大雪の影響で、JRは岩見沢駅を発着する列車を中心に59本が運休しています。  また岩見沢市内を走る循環バス4路線すべてが終日運休となるなど、バスの運休も相次いでいます。  市は、屋根からの落雪等の危険が高まっていることから今シーズン3度目の豪雪パトロールを行いました。  岩見沢市民:「とても手に負えません。どうしていいかわからないです」  市の職員:「ストーブの煙突は、ここだけ?煙突はふさがったりしていないですかね?」  市は、金曜日にかけて一人暮らしの高齢者宅など約2300世帯をまわり、屋根の雪ぴやストーブの排気口などに危険がないか調べ必要があれば、除雪支援も行います。  市の職員:「間口の除雪など、雪を捨てる場所がないとよく聞くので、そういうところに手が追い付いていないというのが現状です」  市は、除雪に関しての相談は市に問い合わせるほか除雪ボランティアの活用なども呼び掛けています。

ネットの反応

[getswin use_title="1"]

コメント 0 件

コメントを残す

CAPTCHA